■ COUNTER

now visiter:
■ CHEERING!

■ CALENDAR
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
■ AUTHOR

いーたん

Author:いーたん
ROSes鯖在住*大学生法学専攻。
QMA*大賢者初段*
home:A-CHO*CN:カグヤ
京都人らしからぬ京都人。
ねこが好き。歌が好き。
Sound Horizon狂陛下崇拝。

■ CATEGORY
■ LATEST ARTICLE
■ LATEST COMMENT
■ MONTHLY ARCHIVE
■ LINK
■ RSS FEED
■ 容疑者xの献身
■ REFERENCE IN C3
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



欝日記です。


▼今から下は鬱日記の自信があります。といってもいつき本人は鬱ではないので、それほどではないかなぁ。

▼9時半に家についてのおばあちゃんと会いました。
実はいつき、おばあちゃん嫌いでした。なんでかって、おばあちゃんの言い方が怖かったから。

最近のおばあちゃんは全然言うことがわかりませんでした。口がうまく回ってませんでした。
おばあちゃんは被害妄想が強くて、最近まで精神の方で入院してました。足腰が立たなくなっていました。
それまでずっと太っていたのに春に帰ったときは、ビックリするほど痩せていました。

それでも、おばあちゃんの死は突然のことでした。
だって聞いたときおいら髪切ってましたから。お母さんも一緒にいました。

父方の祖父母は生まれた時に他界しており、母方の祖父母しかいません。
ずっと高知への車中でどんなにか泣くだろうと、思っていました。

おばあちゃんと会って、母の慟哭を聞き、泣きました、たくさん泣いたけど、そこにあったのは「事実」でした。
「信じられないこと」でも「嘘」でもない、ただの「事実」でした。

"ああ、何で死んだの"じゃなくて"ああ、そうなのか"でした。

おばあちゃんはずっと苦しくて、薬ばっかり飲んで人に被害妄想たっぷりの電話をして迷惑をかけてお母さんに怒られていました。
だけど最期は、おばあちゃんは眠りながら亡くなったから、良かったといつきは思う。

明日から仮通夜、本通夜、葬式、火葬、納骨と怒涛です。がんばるぜ。

mixiの皆さん そしてサイトの常連さん、ありがとう。今日はわざとこの文体です。飾りない言葉で。
スポンサーサイト








//
このコメントは管理人のみ閲覧できます
date:2007/08/13 (Mon) #

[ edit ]






管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。